エンタメ PR

よーいどん!ミシュラン掲載『雲鶴(うんかく)』1月17日放送|お節お取り寄せもあり!

カンテレの朝の人気情報番組「よーいドン!」で、大坂・天満橋駅徒歩8分にある懐石料理店『雲鶴(うんかく)』が1月17日に放送されていました。

2005年にオープンし、なんと9年連続でミシュランガイドに掲載されているそうです。

遠方からはるばる来れるお客さんも多く、撮影前日にはカルフォルニアからわざわざこられたお客さんがいたそうですよ。

そんなミシュラン掲載の懐石料理店『雲鶴』がどんなお店か気になったので調べてみました♪

よーいドン!ミシュラン掲載『 雲鶴(うんかく)』TV紹介されたお料理『小鯛の野崎焼』

番組内で円さんが出して頂いていたのは、名物料理の『小鯛の野崎焼』。
鯛は魚の中で一番骨が硬い種類だそうですが、こちらのお料理では一切骨を取ることなく全て食べることができるそうです。

『鯛焼きを食べる感じで、頭から、大きなお口で食べてください』と女将さん。

円かさんがお箸で持ち上げると、鯛の頭がほろっと崩れ落ち、どれだけ柔らかいかが伝わってきました。

『小鯛の野崎焼』は、作るのに丸一日かかるそうで、なたね油に6時間以上つけこみ、ゆっくりと焚くように火を入れることで、まるで骨がないように仕上げているそうです。

▼こちらは公式Instagramの投稿です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

雲鶴(@kaiseki_cuisine_unkaku)がシェアした投稿

なつ
なつ
毎年少しづつ変化を加えているそうで、時代の流れに合わせて常にお客さんに喜んでもらいたい!という気持ちが伝わってきますね!

よーいドン!ミシュラン掲載『 雲鶴(うんかく)』の基本情報

<雲鶴 基本情報>

  • 店名:懐石料理 雲鶴 Japanese cuisine UNKAKU
  • 住所:〒530-0043 大阪市北区天満1-18-17
  • アクセス:
    ・JR『大阪天満宮駅』 8号出口から徒歩8分
    ・大阪メトロ 谷町線・堺筋線『南森町』駅 東改札側出口より徒歩12分
  • 予算:
    昼コース【7700円・11000円・13200円・16500円・22000円・33000円(税込)】
    夜コース【11000円・13200円・16500円・22000円・33000円(税込・サービス料10%別)】
  • 時間:
    昼【11:30~13:30(入店13時30分まで)】
    夜【17:30~22:00(入店20時まで)】
  • お部屋:
    ・カウンター2名まで
    ・1階個室4名まで
    ・1階個室12名まで
    ・2階個室14名まで
  • 予約:完全予約制
  • 電話:080-1414-1967
  • 休日:不定休
  • キャンセルポリシー:前日50%・当日100%
  • 公式HP:懐石料理 雲鶴公式HPはこちら

雲鶴さんではSDGsにも取り組んでおり、食文化を守り伝えていくために食材の持続可能な利用を目指されています。

特にお米は、兵庫県のたじまで作られている「コウノトリ育むお米」を使用されているそうです。

カエルやドジョウなど、コウノトリのエサとなる生き物が育つ田んぼで出来たお米だそうですよ。

なつ
なつ
農薬に頼らない生き物に優しい環境で育ったお米なんですね。

よーいドン!ミシュラン掲載『 雲鶴(うんかく)』の駐車場情報

雲鶴には駐車場はありません。
お車でお越しの場合は、近隣のパーキングに駐車するようにしましょう。

近隣のコインパーキングを3件ご紹介します。

  • 駐車場名:タイムズ天満第10
  • 雲鶴まで:47m・徒歩1分
  • 住所:大阪府大阪市北区天満1-22
  • 料金:0時~24時 20分毎220円
  • 最大料金:
    【8時~21時】最大2640円
    【21時~8時】最大440円
  • 駐車サイズ:大型・ハイルーフ可
  • 入出庫可能時間:24時間
  • 駐車場名:天満1丁目第2(三井のリパーク)
  • 雲鶴まで:73m・徒歩1分
  • 住所:大阪府大阪市北区天満1丁目16-14
  • 料金:
    【平日】8時〜20時 40分毎200円、20時〜8時 60分毎100円
    【土日祝】8時〜20時 40分毎200円、20時〜8時 60分毎100円
  • 最大料金:
    【平日】入庫後4時間以内毎900円
    【土日祝】入庫後4時間以内毎600円
    ※最大料金は繰り返し適用されます
  • 駐車サイズ:大型・ハイルーフ可
  • 入出庫可能時間:24時間
  • 駐車場名:タイムズ天満第9
  • 雲鶴まで:92m・徒歩1分
  • 住所:〒530-0043 大阪府大阪市北区天満1丁目8
  • 料金:0時~24時 30分毎220円
  • 最大料金:
    【平日・土】22時~7時 最大220円
    【日・祝】7時~22時 最大1100円
  • 駐車サイズ:大型・ハイルーフ可
  • 入出庫可能時間:24時間

よーいドン!ミシュラン掲載『 雲鶴(うんかく)』のお料理やお値段は?

雲鶴は完全予約制で、お昼は7700円〜33000円(税込)、夜は11000円〜33000円(税込・10%サービス料別)のコース料理を提供されています。

なつ
なつ
名物の『小鯛の野崎焼』は、夜の11000円コース以外の全てのコースについています!

例えば16500円のコースでは、前菜・煮物椀・お造り・炊き合わせ・焼き物・強肴(しいざかな)・御飯・香の物・お菓子、の9品がコースに含まれています。

▼前菜例

 

この投稿をInstagramで見る

 

雲鶴(@kaiseki_cuisine_unkaku)がシェアした投稿

▼煮物椀例:秋鱧と松茸のお椀

 

この投稿をInstagramで見る

 

雲鶴(@kaiseki_cuisine_unkaku)がシェアした投稿

▼お造り例:明石鯛と鮪のお造り

 

この投稿をInstagramで見る

 

雲鶴(@kaiseki_cuisine_unkaku)がシェアした投稿

▼炊き合わせ:煮鰻と秋野菜の炊き合わせ

 

この投稿をInstagramで見る

 

雲鶴(@kaiseki_cuisine_unkaku)がシェアした投稿

▼焼き物:小鯛の野崎焼き

 

この投稿をInstagramで見る

 

雲鶴(@kaiseki_cuisine_unkaku)がシェアした投稿

▼強肴(しいざかな)例:鮑柔か煮 ホワイトアスパラ

強肴とは懐石料理の献立の一つで「強いてもう一品すすめる肴」を意味します。
あえ物や揚げ物が提供されることが多いようですが、具体的な写真が見つかりませんでした。

Instagramに写真が掲載されていた以下の『白金豚のアマランサス煮込み』などもおそらく強肴にあたるのでは、という予想です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

雲鶴(@kaiseki_cuisine_unkaku)がシェアした投稿

▼御飯例:伝助穴子の土鍋ご飯

 

この投稿をInstagramで見る

 

雲鶴(@kaiseki_cuisine_unkaku)がシェアした投稿

▼香の物例:水茄子浅漬け 胡瓜 佃煮昆布

こちらも具体的な写真がみつかりませんでした。

なつ
なつ
公式HPの香の物例には『水茄子浅漬け 胡瓜 佃煮昆布』と記載ありましたよ。

▼お菓子例:主菓子『きのこ狩りと栗拾い』

 

この投稿をInstagramで見る

 

雲鶴(@kaiseki_cuisine_unkaku)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

雲鶴(@kaiseki_cuisine_unkaku)がシェアした投稿

なつ
なつ
お菓子はそれぞれテーマがあるようで、世界観が出ていますね♪
食べるのがなんだかもったいないです。

よーいドン!ミシュラン掲載『 雲鶴(うんかく)』のお取り寄せ『お節』と『小鯛の野崎焼き』

雲鶴に一度行ってみたいけど、

『ちょっと遠いから行けないな・・・』
『気になるけどいきなりコースは高いな・・・』

という方のために、お取り寄せができないか調べてみたところ、ぐるなびが運営するECサイト『ぐるすぐり』にて雲鶴さんの『お節』と『名物 小鯛の野崎焼き』を発見しました!

雲鶴(うんかく)のお取り寄せ『お節』

雲鶴の『お取り寄せお節』は全32品で1人前・3人前・5人前の3種類が販売されています。

今年2023年のお正月分の販売は終了してしまっていますので、ぜひまた来年に挑戦してみてください♪

直接お電話でも注文可能ですが、『ぐるすぐり』ですとお手軽に購入できます♪

なつ
なつ
店頭受け取りではなく配送希望の場合は、ぐるすぐりでの注文の方が送料込みでお得です♪

電話注文の場合、送料が1,650円(全国一律)がかかりますので注意してくださいね。

雲鶴(うんかく)のお取り寄せ『小鯛の野崎焼き』

さらに、あの、雲鶴名物料理『小鯛の野崎焼き』もぐるなびでお取り寄せができちゃいます!

なつ
なつ
こちらは公式HPに記載がないため、『ぐるすぐり』でのみの販売になるようですね。

さいごに

いかがでしいたでしょうか??
大阪にもまだまだ知らない美味しいお店がたくさんあるんですね!
是非お出かけの参考になさってください^^